教育ローンは母子家庭でも大丈夫?

三井住友銀行やみずほ銀行などの教育ローンは普通は、金利が低い商品が多いです。

ノンバンクのローンと比較すると融資金額も大いですしローンの返済期間も長めに設定されているので余裕を持って返済ができます。

近頃はネット銀行もだいぶ増えているのでWeb上で手続きをするだけで完結できる銀行が多くなり利便性もとても向上しています。

銀行口座がなくても申し込みOKなローンもありますが口座を持っていると優遇金利を受けられる銀行が一般的です。

また、給与振込や住宅ローン利用でもその銀行を利用していれば金利を優遇してくれる銀行もあります。

教育ローンの金利に関して説明すると、教育ローンの金利というものは、融資してくれる金融機関によってかなり差があります。

金利が低いところでは1%台からあるのですが、高金利ところだと10%近いものもあるのです。

銀行であれば口座やカードを作ることを条件に優遇金利になる場合があります。

金利の計算方法にも2種類あり固定金利と変動金利というものがあります。

目下のところ低金利の時代となっていますので固定金利の方がリスクが少ないと言われています。

教育ローンといえどもローン契約に変わりないので利用する際には審査に通る必要があります。

審査を受けるため用意しておかなければいけないものがあり、本契約までに全て用意しておかねばなりません。

ネットで申し込んだ場合借入申込書は必要ありませんが収入証明は必須です。

そのほか、運転免許書など本人確認書類や家賃や公共料金の支払いが確認できる領収書か通帳のコピーも必要です。

しかし、何より一番必須となる書類は在学していることが確認できる書類や、合格通知や入学許可書ということになります。

教育ローンの申し込み方を簡単に解説します。

申し込み方法には郵送でも申し込めますしインターネットなどで申し込むことも可能です。

郵送の場合は先に電話などで申込書を請求してください。

その後書類がお手元に届いたら必要事項を記入し、返送することになります。

インターネットで申し込む場合は事前診断コーナーがありますのでわずか数秒で借り入れ可能か診断することができますので、まずはそれをやってみましょう。

仮審査の申請もネット上で行えますし年中無休で受付け可能な点も便利です。

仮審査の申し込み手続きが完了後に受付け完了メールが届くと思いますので、必ず確認してください。

教育ローンと奨学金はどう違うか知っていますか?教育ローンと奨学金は学問のために借りるお金と言う点では共通ですがそれぞれ似て非なるものです。

教育ローンは保護者が借主となりますが奨学金は学生自身に貸し付けられるお金です。

借り方についても違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は月ごとに定額振込みが基本となっています。

利息については教育ローンは借りた日の翌日から発生しますが奨学金は在学中には利息がつきません。

返済開始はいつからかというと、教育ローンは借りた翌月から始まるのに対し奨学金は卒業後から返済していくことになります。

教育ローンで借りられる金額はどれくらいか?という疑問を抱いている方はいませんか?いくらまで借りられるかは金融機関によって融資額も様々です。

国の教育ローン(教育一般貸付)は最高でも350万円となっています。

三井住友銀行やみずほ銀行など民間の銀行では300万円から1000万円程度です。

進学先が医学部、歯学部などであれば、最大3000万円まで融資可能という銀行もあります。

一方、ノンバンクの中には学校提携教育ローンというものを用意していることがあり、提携校によって融資額が変わるほか、直接学校に振り込まれるなど他のローンとは少し対応が変わってきます。

教育ローンというローンをご存知ですか?教育ローンとは用途を教育関係の費用に限定したローンです。

進学を控えた学生の保護者などが学費などの支払い目的で教育ローンを組むという方が多いようです。

義務教育以上の学費はもちろんのこと、私立の小・中学校でもローンの対象となります。

教育ローンの融資を実施している金融機関は大手銀行はもちろん地方銀行などになります。

気を付けなければいけない点として借入先によって保育園にかかる費用や習い事には教育ローンが利用できない場合があります。

教育ローンの受け取り方として一括で借り入れられる一括借入れ型があります。

いわゆる住宅ローンのように一括でまとめて受け取ることができるタイプの融資です。

銀行などはこの一括借入れ型になります。

一括借入れ型の特徴といえばローンの契約が成立すると同時にあわせて返済金額も明確に分かります。

返済計画を立てやすくなりますが想像以上に学費等に費用が掛かってしまった場合、新たにローンを組む必要性がでてきてしまいます。

教育ローンが借りれないという人はどういう方が該当するでしょうか。

恐らく色々な要因があるでしょう。

まず、就業していることが条件でありますので無職や年金受給者は融資を受けることができません。

正社員でなくても融資を受けることはできますが安定継続した収入があることを証明する必要があります。

非正規雇用の人は最低でも2年以上の勤続年数が必須と言えます。

また、年収も200万円以下の場合は審査には通らない可能性が大きいでしょう。

高校生の学費は安いと思っている方もいるかもしれませんが、私立であれば年間70万円以上も学費が必要になります。

学費が払えないなんてことになってしまうと最悪の場合、除籍や退学という事にもなりかねません。

高校は教育機関のため、一定の猶予が与えられますが3か月以上滞納すると除籍・退学になる可能性が出てきます。

学費が滞っている時の解決策は借金になりますが借りる際には借入先を慎重に選ばないと借金が膨大になってしまう可能性があります。

国の教育ローンなら母子家庭や低所得者の味方なので安心して借りることができます。

参照:http://www.next-right-thing.org/bosikatei.html

教育ローンという進学などのため費用を融資してくれるローンを提供している金融機関は銀行や信販会社などたくさんあります。

その中で特におすすめなのは国の教育ローンです。

融資額は最高でも350万円と少なめですが、年利1.76%で安心の固定金利なので利息が大幅に膨らむ心配はありません。

使途は大学や高校以外にも専門学校や予備校などにも認められています。

利用目的も入学金や授業料ばかりでなく定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

埼玉りそなの教育ローンについてご説明します。

埼玉りそなの教育ローンはりそな教育ローンというサービスになります。

変動金利なので年に2回金利が更新されます。

現在の金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人ならば。

住宅ローンご利用者プラン1.80%が適用されます。

最大500万円まで借入可能で返済期間は最長14年ですが、医・歯・薬・獣医学部の就学費用に関しましては最長20年までOKです。

最長4年6ヵ月は利息のみの返済も可能で、すでに入学金を払ってしまった後でも3ヶ月以内なら借入れ可能などのメリットがたくさんあります。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まることになります。

利息に関しては、借りた日の翌日から発生するのですが、在学中は利息のみの返済が認められているローンもあります。

教育ローンの返済期間についてですが長いローンでなんと、最長20年借入可というものがあります。

ですが、返済期間が長くなればなるほど返済金額が増えていきますので気を付けねばなりません。

教育ローンと言っても借金なので事前に返済シミュレーションを行い、返済状況を逐次確認することをおすすめします。

ろうきん(労働金庫)とは会員が出資し会員同士お互いを助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社といった営利目的では運営されていないため金利は2から3%台となっています。

融資限度額は1000万円から2000万円と、教育ローンとしては結構高額で返済期間は15から20年と長期なのが特徴です。

一般の人でも借りることはできますがろうきん会員には優遇金利が適用されるなどといったメリットもあります。

地方の労金の場合になると、入学金や学費以外にも仕送りや下宿代なども認められています。

低い金利として有名な教育ローンと言えば教育一般貸付(国の教育ローン)です。

年1.76%という低金利なので銀行やノンバンクの教育ローンと比べるとかなり安いです。

通常銀行で3から5%、信販系で5から10%になるので国のローンがどれだけ低金利なのかがわかりますね。

学費以外にアパート代やパソコン購入費など教育に関連したことであれば学校納付金以外にも広く利用することができます。

しかし、母子家庭や低所得者の救済する目的のローンなので融資の対象は義務教育以上の教育を望む中学校卒業以上の子供になります。