薄毛の種類ってどんなものがあるの?

AGA治療は保険適用外なので費用は100%全額自己負担です。

日本でAGA治療が開始された当初、治療薬は万有製薬のプロペシアしかなくひと月で約1万円ほどの費用を要しました。

保険適用外の医薬品はドラッグストアで売っている市販薬と同じ扱いなので価格は販売店に任されています。

ですから、処方してもらう薬品でも価格差があり販売するお店によって、数千円の価格差があったのです。

更に処方箋をもらうためには診察を受けなければならないので再診料や診察料もかかることも忘れないで下さい。

AGAとは何かご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に見られる頭髪が薄くなる症状のことです。

薄毛や脱毛は昔から男性のテーマだったようでこれまでに数多くの育毛剤や養毛剤が作られてきました。

近年、やっと医療機関で治療を受けられるようになりましたが自己負担診療のため、医療費が重くのしかかります。

それでも、医師が診察してAGA専用の治療薬を処方してくれますから市販薬よりも症状が改善する確率はグンと高くなりました。

しかし、AGA治療とは対処療法にすぎませんので、投薬治療を辞めてしまうと元の薄毛状態に戻ってしまいます。

AGAは遺伝により発症するため個人の体質に大きく関わってきます。

AGA治療は進行を食い止める対症療法なので根本的に完治するものではないということをしっかり認識しておきましょう。

ですから、AGA治療を止めてしまうと再び進行しはじめてしまいます。

とはいえ、AGA治療にも副作用が起りますから一生使い続けるというのも心配がありますしお金もずっとかかることになります。

ですから、ある程度納得できるレベルまで薄毛が改善したと思ったらAGA治療を途中でやめるのも良い方法だと思います。

AGA治療のコマーシャルに起用された最初の芸能人といえば芸人さんの爆笑問題でした。

爆笑問題の二人がコマーシャル中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌はAGAの暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このCMによってAGAのイメージが改善されたおかげでAGA治療も一般的になりAGA治療をしている方も増えましたよね。

俳優さんやアーティストの方もCMに起用されることでAGA治療に踏み出しやすくなったと思います。

最近ではフサフサな人がコマーシャルに起用されているので若干の違和感は否めませんが薄毛の人が起用されると、全然効果ないじゃんと思われてしまうのかもしれませんね。

AGAは遺伝により発症しますから完全に治るものではありません。

AGAを発症する人は遺伝子によって決まってしまうので遺伝子レベルの治療をしない限りは完治しません。

従って、AGA治療をやめてしまえば脱毛や薄毛は、再び進行してしまうのです。

しかしながら、AGA治療薬のミノキシジルやプロペシアは医薬品なので副作用がありますから、一生使い続けるのはいかがなものかと思います。

飲み薬であるプロペシアで乳癌になったという報告もありますからライフステージの変わり目がやめどきかもしれません。

AGA治療で有効とされるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛と呼ばれる副作用を起こすことがあります。

せっかく髪の毛が生え始めたのに毛が抜けるというのは薬が自分に合っていないのでは?と心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛を発症するという事は薬効がではじめたという事なのでむしろ喜びましょう。

初期脱毛によって抜けた毛はというのは不健康な毛ですのでそれらが抜け落ちた後に健康で丈夫な髪の毛が生えてくるのです。

初期脱毛を発症する期間は治療を開始してから1、2ヶ月期間とされておりミノキシジルを使用した場合でも一旦不健康な毛が抜け落ちるという副作用が起こります。

AGAの治療は市販の育毛剤を使うよりもまずは皮膚科医に診察してもらうことをおすすめします。

皮膚科で処方される薬は医薬品になりますので市販されている医薬部外品よりも効き目があります。

処方される薬というのは保険が適用されないため市販薬より高価ですが効果の薄い育毛剤を長く使い続けるよりは結果が出ます。

それから、薬だけに頼らずに日常生活でも頭皮ケアをすることを心がけることで一層、効果があがるのでおすすめです。

睡眠をしっかりとったりストレスを溜めないことや食生活では脂っこいものや刺激物を控えるのが良いでしょう。

薄毛・抜け毛にお悩みの方は、まずAGA治療は病院で診察してもらい治療薬を処方してもらうことが大切です。

医療保険の適用外なので費用はかかりますが市販薬よりはるかに効き目があるのでおすすめです。

効果が高いといっても、副作用が怖いという人にはミノキシジルというAGA治療を使うのも良いでしょう。

ミノキシジルもプロペシアと同様にAGA診療ガイドラインで認められている薬ですので信用していい薬と言えるでしょう。

ミノキシジルには外用と内服薬がありますが、国内でAGA治療に認められているのは外用だけとなっています。

AGAは成人した男性に現れる脱毛症で女性の発症例はありません。

脱毛の原因は男性ホルモンにあるとされていて治療薬には男性ホルモンを抑える薬を使います。

AGAの治療薬にはプロペシアが使われますが、この薬品はジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制することで効果を発揮します。

AGAの脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していてこの成分がヘアサイクルの成長期を妨げている原因だと考えられます。

参照:AGA遺伝子検査キットの本気体験談一覧【写真付き】

成長期が短いと頭髪が十分に成長する前に抜け落ちてしまうので髪の毛全体に細く短い毛が多くなって薄毛が目立つようになるのです。

AGA治療薬として知られているプロペシアは医師に処方箋を書いてもらわなければ買う事ができません。

市販薬とは異なるのでドラッグストアでは取り扱いがなく保険がきかないので価格が高いことがデメリットでした。

そんな状況が続いていましたが、プロペシアにもジェネリックが開発されAGA治療開始当初の半額以下で入手することが可能になりました。

ジェネリック医薬品とは先発医薬品の発売開始から一定期間の後に開発される薬品で先発医薬品と同じ有効成分を使いますが味や形状を変えることもあります。

安全性や有効性は先発医薬品で認められていますから短期間で開発できコストが抑えられるので安価で提供できるのです。

インターネットでAGAについて検索してみると画像付きの経過報告をしているブログやSNSを見つけることができますよね。

ほとんどの場合、治療開始から3ヶ月程度で効果が表れてくるみたいで定期的に写真を上げてくれているため成果がよくわかります。

中には信憑性のほどはいかほど?というようなサイトもありますが経過とともに、かかった費用や使っている薬を紹介してくれるサイトもあるのでためになります。

AGA治療を開始すると、初期脱毛などが起きたりするので実際の体験談が記載されていると心強いですね。

AGA治療に関するサイトは、特にアクセス数が多いみたいですからそれだけ薄毛に悩んでいる男性が多いのでしょう。

AGA治療のガイドラインで認められているプロペシアにはAGA治療に有効な数少ない薬です。

ですが、どんな薬にも副作用があるのでプロペシアを使う前にどんな副作用があるのかを知っておきたいところです。

プロペシアの副作用で深刻度が高いものといえば肝機能障害ですが肝機能障害の有無は血液検査をすることで調べることができますから使用前後の変化を確認することが大切です。

又、プロペシアはそもそもが前立腺がんの治療薬ですから前立腺がんの検査数値に誤差が生じることもあります。

この他にも長期間の服用で男性なのですが乳癌を患ったりアレルギーや鬱病などといった副作用の可能性も危惧されています。

AGA治療を安くしたいのなら医薬部外品を使うのが良いと思います。

様々な有効成分が多く配合された育毛剤が販売されており薬剤師がいる薬局なら処方箋なしで買うことができます。

インターネットでミノキシジルを個人輸入する人もいるようですが安全面で疑問がありますのでお勧めできません。

ミノキシジルの育毛効果は頭皮の血行改善によるものなので保険が使える医薬品で同様の効果があれば代用する事も可能です。

日常生活を規則正しく送り刺激物や香辛料を控えることもAGA治療には有効です。

AGAというのはDHTと呼ばれる男性ホルモンが影響して髪の成長期が短縮されることにより症状が現れます。

AGAを発症してしまうと髪の毛が十分に成長する前に脱毛してしまうので髪質が細くなり短い髪の毛ばかりが残ってしまうことで薄毛が目立つというわけです。

AGA治療にはプロペシアという内服薬を使いDHTの生成を抑制することで薄毛の改善を目指します。

他にはミノキシジルという外用薬で頭皮の血行を促し細胞分裂を活性化させる治療法もあります。

服用と外用の両方の治療を併用することも可能ですが健康保険の適用外なので結構コストがかかってしまいます。

AGAの治療に効果があるとされる薬にはプロペシアとミノキシジルという薬があります。

プロペシアは男性ホルモンの生成を抑制し毛髪サイクルの乱れを改善する効果があります。

一方、ミノキシジルは血管を拡大して血行を促進する働きがあり毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させるので、発毛を促す効果が期待できます。

しかし、両方の薬とも発毛剤として開発された薬品というわけではなくもともとプロペシアは前立腺がんの治療薬、ミノキシジルは高血圧の治療薬でした。

プロペシアにもミノキシジルにも薄毛改善効果や発毛促進効果があることが認められたため現在ではAGA治療薬として使われています。