プロバイダーでホームページつくれるの?

また、ホームページにはつき物の、アクセス解析機能があります。
またフォーム送信機能もそうですね。
あとはサイト内検索などもありますよね。
これらは、通常のホームページ、ブログには、殆ど付いていると思います。
(笑顔)※(注意):Wordpress(ワードプレス)なら、これらの機能が標準では付いていません。
※これは追加機能になります。
ですから、自分で開発しましょう。
ですから、その分、多額の出費になりますね。
(汗)ですから、会社内で管理するのは負担が大きくなりますね。
この様なことから、追加機能の開発は、Wordpress(ワードプレス)のデメリットとなります。
そう言っても過言ではないでしょう。
それでは、Wordpress(ワードプレス)のランニングコストについてですが、どうなのでしょう!?※サーバ代が必須となります。
レンタルサーバは、借りる時の初期費用になります。
そして、月額使用料が必要です。
以上のことを踏まえると、Wordpress(ワードプレス)を使いこなすには、ある程度のインターネット知識する必要があります。
またプログラム知識が必要ですね。
何も知らない素人は、Wordpress(ワードプレス)よりプロバイダがサービスの一環で行っているブログとか、ウェブサイト作成ツールなどを使った方が良いと思います。
(笑顔)。
ですから、自信のある人は、トライしてみましょう。
会社で使おうとする人は、それなりに知識を持つ社員に任せてしまうことになります。
ですから、本人の負担も大きくなります。
そんなことで、専門部署などがある会社は大丈夫ですね。
(笑顔)