光回線でも使用料が多い週末や夜などはある程度遅くなってしまうそうです

論理的には早い光回線が安定しない根拠の一つとして、光回線は近所やマンション内などで回線を分けているので、多く使用する人の居る場所では遅くなることもあります。
通信量が多くなる週末や夜などの時間帯に段違いで遅くなってしまい、不安定な時はこの理由のせいかもしれません。
wimaxのご契約の有効期間には一年契約と二年契約のどちらかをお選び頂けます。
一年契約は毎年度の更新となっております点がメリットだと思います。
注意して頂きたい点ですが、キャンペーンの多くは二年契約だけの適用ですので、そこが大きな欠点と言えるでしょう。
逆を言いますと、二年契約はこの嬉しいキャンペーンを利用することができますが、二年間の期間、解約やプラン変更のご変更が出来ません。
プロバイダの通信速度のことについてですが、多くの方はネット回線を利用しての閲覧、データをダウンロードしたりといったことで主に使っていると思うので、下り速度の方が重要だと思われます。
ネット上でのHP閲覧程度であれば、そこまでのスピードの速さがなくても不自由なく使えます。
ちょうど引っ越しをしたのを機に今までと違うプロバイダにしました。
変えた後も、以前のプロバイダと基本的に違いを感じたり、使いにくかったりしないので、変更して正解だったと思います。
プロバイダなどの契約は2年ごとの更新の際に考え直すといいのではないでしょうか。
プロバイダにつながらない際に確認する点があります。
パソコンや機器の設定に問題がないか調べても、どこにも問題が見当たらない時には、Idやパスワードに入力ミスが無いかどうか、もう一度、よく見てみます。
例えば、数字のゼロとアルファベットのオーのように勘違いしやすい文字があるからです。
それでもどうしてもダメだったら、プロバイダに問い合わせをしてみてください。

光回線の申し込み方